おうち英語教材を無料でもらう

ヨセミテ国立公園ベストシーズンに子連れキャンプ&絶景ハイキング

広告が含まれる場合があります。
ヨセミテ国立公園モデルコース

全米・全世界から人気を集めるヨセミテ国立公園。

わが家は3年前の7月に一度訪れています。ですが、色々と不完全燃焼なことが多かったです。

▼ 前回の様子 ▼

そこで、もう一度ベストシーズンのヨセミテ国立公園を体感したいと、密に想いを寄せていました。

結果的に、前回以上に感動的な旅になったので、モデルコースとして紹介します。

当ブログは英語教育旅育の二つの軸を中心に子育てをする二児の母、きらが運営。

期間限定のアメリカ生活中に子連れで行ったおすすめの旅行先についてまとめています。

旅行プランマニアで、大人も子供も楽しめる旅育を心がけているので、参考にしてもらえると嬉しいです

を通じて子どもの英語力を伸ばす /

広告
目次

最もヨセミテが楽しめるベストシーズン

ガイドブックや旅行サイトでは、ヨセミテ国立公園のベストシーズンは5月~8月と言われています。

ですが、私個人の経験からベストシーズンは5月中旬~6月上旬だと思っています。その理由は以下の通り。

迫力満点の滝が楽しめる

ヨセミテ国立公園には雪解け水から流れ落ちる滝があります。

その代表的なのが「ヨセミテ滝」です。

ヨセミテ国立公園・ヨセミテ滝

以前7月上旬にヨセミテ国立公園を訪れたときは、水量がほとんどなく、チョロチョロ流れる程度でした。

今回5月下旬に行ったところ、その差は歴然。本当に同じ場所なの?!と目を疑うほどでした。

ヨセミテ国立公園・ミラーレイク

人気のミラーレイクトレイルも、7月上旬は既に枯渇気味…。5月下旬は、水がまだ残っています。

道路が全面開通

雪が積もるヨセミテ国立公園は、冬の間通行止めになっている道路がいくつかあります。

5月に入ると、徐々に開通し始め、通常5月下旬に全面開通になります。

年によって開通時期は異なります。雪が多い時期は6月になってしまったこともあります。

車道が開通していない時期にグレーシャーポイントに行く場合は、4マイルのハイキングが必要になります。

気候がちょうど良い

ヨセミテ国立公園では、4月の最低気温が氷点下になることもあります。

もし、外でキャンプをしたいと考えている場合は、5月以降にした方が安心です。

ハイキングを楽しむにも暑すぎず寒すぎず、最適な気候です。

一方、7月の最高気温は32℃。ハイキングをするのには、少々暑すぎる気候です。

簡単な1マイルほどローワーヨセミテフォールトレイルでギリギリ。それ以上は、無理でした。

ヨセミテ国立公園を大満喫するモデルコース

今回のヨセミテ国立公園の旅行は、メモリアルデー(5月下旬)の週末に2泊3日で行ってきました。

前後の移動があるので、実際にヨセミテ国立公園に滞在できたのは、1泊2日です。

南カリフォルニアの自宅からヨセミテまでは約7時間半。早朝4時に出発し、ゲート付近に到着したのが11時頃。

その後、ゲートまで約45分ほどの渋滞があり、12時前にやっとヨセミテ国立公園に入ることができました。

パークサイン

ヨセミテ国立公園のパークサイン

オークハースト方面からのゲート付近には、この地味なパークサインしかありません。

渋滞でノロノロ運転をしていなければ、見逃してしまうほど小さい。

サンフランシスコ方面からの120号線沿いに立派なパークサインがあるようです。

ワオナビジターセンター

ヨセミテ国立公園・ワオナビジターセンター

まずは、ジュニアレンジャーの冊子をもらうために、ワオナビジターセンターに立ち寄り。

【 ジュニアレンジャーとは? 】

ジュニアレンジャーとは、5~12歳の子どもたち向けに、National Park Service(NPS)が運営しているプログラム。

Explore・Learn・Protect(探索・学習・保護)をテーマに、アクティビティをと通して、国立公園や史跡について学べるようになっています。

レンジャーから冊子をもらい、アクティビティを終えることでバッジをゲット✨

基本的に参加費は無料です。実施している施設はこちらで確認できます。

かなり小さめのビジターセンターでワオナホテルのすぐ横にあります。

時期によってはオープンしないこともあるので、事前に営業時間の確認をしてくださいね。

トンネルビュー

ヨセミテ国立公園・トンネルビュー

ワオナトンネルを抜けると、すぐ左にビューポイントが出てきます。

左側にエルキャピタン、右側にブライダルベール滝、そして真ん中にヨセミテフォールが見える絶景スポット。

駐車場は左右にそれぞれあります。

人気のビューポイントなので、昼間の時間帯は、満車になっていると考えた方が良いです。

ただ、景色を見るだけの場所なので、回転率は早め。空きがなくても数分待てば、入れることが多いです。

園内を周遊している無料のシャトルバスでは行けません。

ブライダルベール滝

ヨセミテ国立公園・バーナルフォール

水量が多い時期に行くなら、落差189メートルのブライダルベール滝はぜひ訪れてほしいスポットです。

花嫁のベールのように、細く柔らかな滝と言われていますが、雪解け時期は激しかったです。

滝の近くに行くと、かなり濡れました。

ブライダルベールは、滝のミストを浴びると結婚のご利益があるとも言われています。婚活中の方はぜひ!

スウィンギングブリッジピクニックエリア

ヨセミテ国立公園・スウィンギングブリッジ

お昼ご飯は、マーセド川沿いにヨセミテ滝がキレイに見えるスウィンギングブリッジピクニックエリアで食べました。

ちょこっとメモ

国立公園のレストラン事情はあまりよくないので、すぐに食べられるものを園外から持ってくることが多いです。

その中でもカップラーメンは、ポットにお湯を持ってさえこれば、どこでも食べられるので、とても楽チン。

腐る心配もないので、衛生的にも安心です。

ヨセミテ国立公園でカップラーメン

このピクニックエリアは、結構人気で駐車場は満車でした。

夏は川遊びをしながら、バーベキューを楽しむ人が多いようです。そのため、なかなか回転率は低め。

ヨセミテ国立公園・トゥルムメドウ

少しいくと、Tuolume Meadowsという穴場絶景スポット(私のお気に入りの場所)があり、ここにも路駐できます。

カリービレッジのテントキャビンにチェックイン

ヨセミテ国立公園・カリービレッジ

この日はカリービレッジのテントキャビンに宿泊。まずはチェックイン。

ミラーレイクトレイル

ヨセミテ国立公園・ミラーレイクトレイル

長時間の移動で疲れもあったので、軽めのミラーレイクトレイルに行きました。

ここは、前回も行った場所ですが、水が枯れていて、ミラーレイクの感動がイマイチ味わえなかったんですね。

ヨセミテ国立公園・ミラーレイク

今回は、バッチリ見ることができました。雪解け水が流れる4~6月上旬であれば、この光景が見られるはずです。

ミラーが見られるのは、奥側の方です。手前側は水が絶えず流れていたため、湖面が常に揺れていました。

カリービレッジのピザ屋でディナー

ヨセミテ国立公園・おすすめのレストラン

ヨセミテ国立公園は、クマの被害を予防するために、食べ物に関してはかなり厳しいルールが設けられています。

園内で宿泊する場合は、夜間に車に食べ物(匂いのするもの全て)を残しておくと、5,000ドルの罰金になります。

ヨセミテ国立公園・クマ対策

外でキャンプをする際は、クマ避けのボックスに格納しなくてはいけません。

ということで、わが家はあまり食べ物は持ち込まず、今回はカリービレッジのピザ屋さん「Pizza Deck」で夕飯にしました。

このピザ屋さん、国立公園の中では桁違いに美味しい。生地がモチモチしているし、チーズも本格的だった。

そして、Mother Curryという変わり種は、タイカレーとナンの組み合わせみたいで絶品でした。(パクチーもたっぷり。)

外のテラス席には、リスがかなり多いです。隙あれば食べ物を取ろうとするので、気を付けてください。(噛まれると狂犬病にかかる可能性も。)

夕焼け鑑賞

ヨセミテ国立公園・夕日鑑賞

ヨセミテ国立公園では、夕日が地平線に沈む姿は見られませんが、赤く染まる山々は絶景そのもの。

わが家は「ゴールデンハーフドーム」が見られるストーンマン・メドーで夕焼け鑑賞を楽しみました。

ストーンマンメドーは、カリービレッジから徒歩5分程度です。

星空観賞

ヨセミテ国立公園・星空観賞

一度テントキャビンに戻り、暗くなるのを待って、再度同じ場所で星空観賞。

夜は暗くなるので、懐中電灯などを持参するようにしてください。

ミストトレイル(バーナル滝)

ヨセミテ国立公園・ミストトレイル

カリービレッジのテントキャビンで一夜を明かし、次の日は早朝からハイキング。ヨセミテ国立公園で最も人気がある「ミストトレイル」を歩きます。

このトレイルは、レベルや時間によって、歩く距離が決められます。

最寄りのシャトルバスストップ「No.16のHappy Isles」からの目安はこのような感じです。

距離標高差難易度時間
Vernal Fall Footbridge往復1.6mi(2.6㎞)400ft(120m)中級1-1.5時間
Top of Vernal Fall(Via Mist Trail)往復2.4mi(3.9km)1000ft(300m)上級3時間
Top of Nevada Fall(Via Mist Trail)往復5.4mi(8.7㎞)2000ft(610m)上級5-6時間

わが家は、ミストトレイル経由でバーナル滝の頂上に行き、帰りはJohn Muir Trail(ジョンミュアトレイル)という別のルートで帰ることにしました。

ヨセミテ国立公園・ミストトレイルの橋の上

最初の地点は、バーナル滝の麓。ここに橋がかかっており、少し進むと水洗のトイレがあります。

小さい子連れや、足腰に不安がある場合は、ここで引き返すことが推奨されています。

ヨセミテ国立公園・ミストトレイルの入口

次にミストトレイルの入口。この時点で、かなりの水しぶきなので、持参したポンチョをかぶり、石段を登っていきます。

少し登り、振り返るとキレイな半円の虹が。

ヨセミテ国立公園・ミストトレイルの虹

後半の石段はかなりキツく、息を切らしながら登り切りました。

滝を見下ろすスポットで休憩。

ヨセミテ国立公園・ミストトレイルの頂上

このまま同じコースを戻る方が多いですが、ミストトレイルは滑りやすく、道幅も狭いです。その上、混雑もあります。

距離は長くなりますが、ゆっくり歩けるジョンミュアトレイルで帰りました。

ヨセミテ国立公園・ジョンミュアトレイル

途中のクラークポイントまでは、さらに登りになりますが、ネバダ滝全体が遠目で見られます。

わが家はカリービレッジから6マイル弱を全て歩き、4時間半くらいかかりました。

シャトルバスが休止中で全て歩いたので、予想以上に時間がかかりましたが、とても素敵なトレイルでした。

半日以上時間が取れる場合は、ぜひお試しください!

ヨセミテビレッジ散策

ヨセミテ国立公園・ビジターセンター

続いて、シャトルバスでヨセミテビレッジに移動。No.2のVillage Store&Welcome Centerで下車。

ビレッジストアには、お土産の他、食料品や軽食も売っています。ここでサンドイッチを購入し、外のテラスで食べました。

さらに、ウエルカムセンターでジュニアレンジャーの冊子を提出。念願のジュニアレンジャーのバッジをゲットしました。

ローワーヨセミテフォールトレイル

ヨセミテ国立公園・ローワーヨセミテフォール

午前中のトレイルハイキングで、疲れもあったので、短距離ですがローワーヨセミテフォールトレイルヘッドまではシャトルバスで移動。

No.6のLower Yosemite Fallで下車。

ここからは舗装された道を歩いていく簡単なトレイル。

大迫力のヨセミテフォールを見ることができました。

【 失敗談 】

ここで今回の失敗談。ヨセミテ国立公園では、シャトルバスが2ルートで運航しています。

てっきり、Purple Routeが運行しているものだと思っていたら、一向にこなかったため、Green Routeで大回りして、カリービレッジまで戻るはめに…。

シャトルバスを利用する場合は、事前に運行状況を確認することをおすすめします。

ヨセミテバレービュー

ヨセミテ国立公園・ヨセミテバレービュー

最後に、ヨセミテバレービューで見納め。

マーセド川を前景に、左にエルキャピタン、右にカセドラルロックとブライダルベール滝を見ることができる、ヨセミテを代表する絶景スポットです。

駐車場は数台のみですが、回転率は早いので、少し待てば空きます。

その他

もし、あと一日時間が取れるなら…

  • グレーシャーポイント: 前回行ったビューポイント。夏場は最寄りのパーキングまで車で行けます。往復3.5キロのタフトポイントトレイル、往復3.5キロのセンチネルドームトレイルなどの簡単なハイキングコースもあります。
  • アッパーヨセミテトレイル: 上級のハイキングコース。アッパーヨセミテ滝が間近で見られます。
  • ハーフドームトレイル: ハイキング上級者向けのトレイル。(事前許可が必要)
  • マリポサグルーブ: グリズリージャイアントという巨大なセコイアが見られる森。3.2キロループの初級トレイルもああります。

ヨセミテ国立公園旅行にかかった費用

ヨセミテ国立公園・ミラーレイク

【 旅の日程 】

日程行程宿泊場所
1自宅からヨセミテ国立公園に移動→半日観光カリービレッジ
2ヨセミテ国立公園ハイアットハウスベイカーズフィールド
3移動日

実際にかかった費用合計:$653.73

費用
宿泊費$204.55(一部ポイント利用)
食費$214.94
観光費$80.00
お土産代$16.98
合計金額$659.73($163.43/人)

ディズニーランドリゾート家族旅行2泊3日の合計費用は、$653.73でした。

家族4人だったので、一人あたり$163.43です。

宿泊費:$198.55

ヨセミテ国立公園・テントキャビン
Hyatt Place9,500Hyattポイント/泊
Curry Village$198.55
チップ$6.00

Chase クレジットカードのポイントは、Hyattポイントに1:1の割合で移行できます。

例: 300ドル分=30,000 Chase Point=30,000 Hyatt ポイント

カードを作ってミニマムスペンドを達成するだけで、60,000ポイントもらえるカードもあるので、ぜひ活用してくださいね。

わが家は、4年間の駐在期間中、夫婦それぞれ10枚程度作りました。それだけで旅行費を200万円以上節約することができました。

▼ Chase クレジットカードの詳細

観光費:$80.00

ヨセミテ国立公園・ミストトレイル
国立公園年パス$80.00

国立公園の年間パス(America the Beautiful Pass)が切れてしまったので、再購入。

ゲートですぐに発行してもらえます。

食費:$214.94

ヨセミテ国立公園・ハーフドーム
Vons$29.33
Yosemite Village Store$39.58
Benji’s(バスク料理)$147.00
In-N-Out$28.36

食費はヨセミテ国立公園で食べたピザ、軽食、ビール代など。

2日目はベーカーズフィールドまで移動し、バスク料理を食べました。

お土産代:$16.98

ヨセミテ国立公園・お土産
Yosemite Village Store$16.98

マグネットとステッカーを購入。念願だったジュニアレンジャーのバッジもゲットできました。

朝から晩までヨセミテ国立公園を楽しもう

ヨセミテ国立公園・ミストトレイル

今回のヨセミテ国立公園の旅は、園内に宿泊し、朝から晩まで大自然を楽しむことができました。

ヨセミテに滞在できたのは、1泊2日という短い間でしが、ビュースポットを巡るだけで味わえない体験もたくさんでき、本当に大満足の旅になりました。

あなたもヨセミテ国立公園で素敵な思い出が作れますように。

子ども一緒に楽しむ「旅育」プラン

えいりんごの駐在ファミリーサポート

きら

幼少期海外で過ごした帰国子女&異国の地で子育てした駐在妻の実体験を元に、駐在ファミリーをサポートします✨

ご提供中のサービス

累計300部販売した駐妻の指南書✨ブログでは書けない裏話を多数掲載。

【公式note】駐在妻サバイバルマニュアル(1,200円)

英語圏学習方法に沿っているのでお子さんの渡航準備に最適!

【公式note】えいりんご全教材まとめセット(6,000円)

お試し教材プレゼント

えいりんご英語教材の中身が分かるプリント一式アルファベット表をプレゼント!

ダウンロード教材になるので印刷して、すぐにお使いいただけます。

\ 公式noteにて /

当ブログの海外旅行記事は、2020.07~2024.07に行った家族旅行記の情報を元にまとめています。

ヨセミテ国立公園モデルコース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
広告
目次